白石温麺(うーめん)って?

「温麺(うーめん)」とは、宮城県白石市の特産のひとつで、

 

 

短いそうめんのような麺です!

 

 

 

 

特徴はその短さと、製麺時に油を使わないことです。

 

 

 

 

むか~しむかし、ある孝行息子が、病気のおとっつぁんのために油を使わずに作った麺がうーめんと言われています。

 

 

 

 

油を使ってないのでヘルシーだし、胃に優しいし、

 

 

長さ約9cmと短いのでお年寄りや小さい子どもも安心して食べられます。

 

 

茹で時間も短くて扱いやすいのが特徴!!

 

 

 

 

素麺のように冷たくしても、温かいつゆに入れて食べてもおいしくいただけます。

 

 

 

白石市内にはたくさんのうーめん屋さんがあったり、スーパーで売られていたりしますが、

 

東京や関東でもスーパーや100円ショップで見かけますし

 

池袋にある宮城のアンテナショップ「ふるさとプラザ」 にはたくさんの種類が置いてあります。

 

 

 

 

また、Amazonや楽天市場をはじめ、

 

各うーめん会社のホームページからも通販することができますよ!!

 

 

 

白石や蔵王のうーめん会社が加盟する

 

奥州白石温麺協同組合のホームページは☆こちら ☆

 

 

うーめんの美味しいゆで方やレシピ、歴史や観光ガイドが載ってます!!

 

 

 

 

組合加盟店(白石周辺の温麺会社)(50音順)

 

つりがね印 きちみ製麺 

 

松田製粉 

 

佐藤清治製麺 

 

・マツダ麺業 

 

高野本店 

 

はたけなか製麺 

 

白石興産